工場の仕事で求められるスキルや経験

面接で有利になるスキルや経験

工場の仕事は未経験者でも応募できる求人が多いことが1つの特徴です。しかし、同じ条件ならやはりスキルや経験があったほうが有利になります。求めている人材は企業によって異なりますが、一定の共通点のようなものはあります。工場の仕事は基本的に立ち作業であり、男性は重い物を持ったり運んだりすることがあるので体力はあったほうが有利です。例えば、過去に自動車工場で働いていて期間満了までやりきったという経験はアピールポイントになるでしょう。体力をアピールするなら必ずしも仕事である必要はなく休日にジムに通っている、高校の部活でサッカーをやっていたといったことでもよいです。「工場で働いたことがある」というように漠然と経験を述べてもあまり意味はなく、具体的にどういう仕事をやっていてどういったスキルが身についたのかを考えてみましょう。

アピールの仕方も重要

せっかく良い経験を持っていても面接でうまくそれをアピールできなければ意味がありません。面接官とは初対面ですので、あなたのことはほとんどなにも知りません。限られた時間の中で自分になにができるのかをしっかりと伝えられるにはどうすればいいか考えなければなりません。例えば、自動車工場の期間工の仕事に応募するときに「工場で働いたことがあります」ではほとんどなにも伝わらないでしょう。「過去に他社の自動車工場で働いたことがあり、6ヶ月の契約でしたが無遅刻・無欠勤で真面目に働いていたので更新され、2年間働いていました」というようにアピールをしたら「信用できそうだ」と思われるのではないでしょうか。もちろん嘘をついてはいけません。あくまで本当のことを好印象を持たれるように伝えることがコツです。